徒然ブログ

芸能,スポーツ,国際,速報,金融,面白ニュースなど、いろいろな事を徒然なるままに書いてます。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 神木、“夫婦像”にウマれ変わる 伏見の田中神社 競馬ファン参拝 | main | 産後ダイエット >>

青田典子かつての夫と「再婚したい」

「青田典子かつての夫と「再婚したい」」という今日の記事より。(引用記事の一部は、下部に掲載)

 「負け犬」キャラとして浸透している青田典子が、実は結婚後、離婚していたという今日の記事だが、筆者としては特にダマされたという感情もなく、逆に良かったなあと思えた。

 青田典子と言えば、時折テレビで痛々しい発言を行ったり、壊れたキャラを見せる時もあったので、CCガールズ全盛期を知っているだけに、なんとなくうーんと思う時もあったのだが、こうやって結婚という幸せな時期もあったのかと思うことで、素直に良かったなあと思えたのかもしれない。

 ちなみに、ふと思ったのが青田典子の浮き沈みと日本経済がリンクしているという点。CCガールズの全盛期と言えば、バブル真っ盛りの頃。青田典子もCCガールズの一員として、グラビアやテレビ出演などでイケイケドンドンといった感じだったが、その後バブルがはじけ、日本経済の凋落とともに、人気も低迷。時たまテレビで見かけるほどになっていた。

 ところが、日本経済が底を打ち、確かな景気回復が認められてくるようになると、「ロンドンハーツ」の「格付け」への出演などにより、人気も急上昇。昨年などは、バブル青田としてCDまで発売するまでになっていた。うーん、そう思うと今後の日本経済と青田紀子に注目してみたい気もしてくる。

 ただ今回の報道に触れ、芸能人は大変だなと思った。本来であれば喜ばしいはずの結婚についてのことさえ発表できないこともあるのだから。誰かが「芸能界は自分の人生を切り売りする場所」と称していたが、その通りかもと感じた。

[ニュース記事の一部]

 結婚と離婚、さらに事実婚が発覚したタレント青田典子(39)が17日、都内で説明会見を行った。飲食店経営者Aさん(38)と04年11月に結婚し、05年10月に離婚したが「一番頼れる人。よき理解者」とし、今も順調に交際していることを明かした。また、短かった結婚生活を「蜃気楼(しんきろう)のようだった」と振り返った。一方で、ファンに結婚と離婚を黙っていたことには「申し訳なかった」と涙を流した。
 青田は会見の場に現れるなり「お騒がせして大変申し訳ありません。ちゃんとご報告せずに本当にすいません」と頭を下げた。神妙な表情で、“バブル青田”のキャラクターからはほど遠かった。青田によると、1年足らずの交際期間を経て、04年11月に結婚したという。ただ、当時の青田はそれほど売れっ子でもなく、所属事務所と相談しながら発表のタイミングを計っているうち、05年10月に離婚してしまったと説明した。
 離婚理由は「擦れ違い」。だが、Aさんとの今の関係については「本当に理解してくれる人だと、やっと気付いた」。さらに「他の男性を探したけど、年齢的に難しい。彼が大切な人だというのがよく見えてきました」とも。一緒に暮らしてはいないが、離婚後、互いの仕事が落ち着いたころから「行ったり来たり」の仲で、仕事の悩みなどを相談していたという。
 青田は結婚した翌年の05年前半、テレビ朝日系「ロンドンハーツ」などに出演。30代後半の未婚女性の「負け犬」キャラクターで、人気者となった。セクシーさを売りに「エロ悲しい」と自虐ネタを連発し、バブル時代の派手な扇子と衣装でバブル青田ともてはやされた。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070518-00000007-nks-ent
- | permalink | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE